太りたい 女性 おすすめサプリ

太りたい人へ おすすめサプリ

ファティーボ

世の中 痩せたい人が圧倒的に多いのに
贅沢な悩みと思われるかもしれません。

 

だけど痩せてる人も太れないで悩んでる人も多いのです。

 

痩せすぎていることで、骨が目立ってしまったり、血色が悪く見えてしまうため、
不健康・暗い・貧相などと思われてしまいます。

 

そのためおしゃれが出来なかったり、異性の恋人が出来ないとか
海や温泉・健康ランドに行けなかったり楽しい事も半減。

 

周りになかなか理解してもらいにくいです。
太りたい女性のための太るサプリ【ファティーボ】のご紹介

 

ファティーボ 公式サイトはこちら

 

ファティーボ こんな人におすすめ

水着が着れない
あばら骨が目立って恥ずかしい
姿勢が悪くなる
ガリガリで貧相に見える
女性らしい丸みがない
いくら食べても太れない

 

食べ物を吸収する腸が健康にならないと、結果がよくなりません。

 

発酵食品などを食べて酵素を取ること
プロテインよりも食事に気をつけること
カロリーを取ると太るのは間違いであること
腸内の環境を整えることは必須

 

ファティーボ 効果

太れないのは体質や遺伝が原因ではなく
痩せ菌が多いからとハーバード大学の研究で分かりました。

 

太りやすい人の腸内には太る細菌がたくさん存在していますが、
太れない人の腸内には痩せる細菌が存在。

 

痩せる細菌のはたらきで、食事からのカロリーの吸収がブロックされてしまうので、
太りたくても太ることができなくなっているということ。

 

そこで太る人の為に作られたのがファティーボ

 

痩せ菌ブロック酵素

太るためにいちばん大切なのは「食事」ですが痩せやすい腸内細菌の
カロリーがブロックされることを防ぎ、吸収力を高める働きをするのが酵素。

 

栄養の効率的な消化吸収を目指し、5種類の酵素と3種類の麹菌が作る生酵素を厳選
5種の酵素は推奨値の100%の量を配合しており、麹菌で発酵させた生酵素は、麹100%の純粋な発酵食品素材

 

 

ビタミン・ミネラルが豊富なスーパーフード

補酵素には、化学的に合成したものではない自然のビタミンやミネラルがベスト
ビタミンやミネラルが豊富である自然健康食でスーパーフードとも呼ばれている「スピルリナ」を配合

 

 

 

スピルリナとは?
湖などに生息する藻の1種で完全に近い栄養バランスを持ちます。
「スーパーフードの王様」と呼ばれ、プライマリースーパーフードにも選ばれている成分。

 

スピルリナには、ビタミン葉酸をはじめとする12種類以上、ミネラル14種類以上、
たんぱく質(アミノ酸)18種類以上、脂質、炭水化物、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいるのも特徴

ぽかぽか成分の乾燥生姜

酵素の働きを高めるには、体を温めることが大切です。
痩せている方は、脂肪や筋肉が少なめで体温が一度下がると、
酵素の働きは半分以下にまで落ちます。

 

生姜の成分は体を冷やしますが、乾燥生姜であれば酵素の活動を高めてくれます。
酵素の働きは体温が下がると働きも落ちてしまいます。
なので体を温めるためにファティーボには乾燥生姜が配合されています。

 

よく生姜は体を温めるといいますが生の生姜って逆に体の深部を冷やしてしまうってご存知でしたか?!
生の生姜に含まれるシンゲロールは血管を広げる作用があるので手先や足先は温まるのですが
深部の熱も送り出してしまうため、深部の体温が下がってしまうんです。

 

生姜を乾燥させるとシンゲロールがショウオールという別の成分に変化。
これは深部の熱を作り出す働きがあります。
乾燥ショウガはシンゲロールとショウオール両方の働きで全身を温めることができます。

 

 

乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖

 

腸が汚れたり詰まったりすると、そこで働く酵素の活動が鈍ってしまい
「植物性乳酸菌」と「ビフィズス菌」を配合  善玉菌の好物である「フラクトオリゴ糖」を追加して配合
酵素が元気に活動するきれいな環境が整う

 

身体のめぐりを良くする栄養成分も配合

亜鉛とシトルリンはめぐりの悪い方に重要な働きをもたらします。

 

マカと108種の植物発酵エキスは美容に健康的に
見えるのに役立ちます。

 

 

ファティーボ 飲み方

サプリメントなので決まった時間でなくてもいいです。
内容量は180粒入っていて、1日6粒目安量にしたら約1ヶ月分入っています。

 

 

中身のサプリは、淡いグリーン色で、小粒タイプの錠剤です。
匂いは特に気になりませんし小粒タイプだからか、とっても飲みやすいです。
1日6〜9粒を目安量に飲めばいいので、習慣漬けした方がいいでしょう。

 

副作用はありません。
食品アレルギーを持っている場合は、原材料を確認し、かかりつけ医などに相談の上、
飲むようにしてください。

 

ファティーボ メリット&デメリット

メリット

体重が増えるようになる
自分の体に自信を持てるようになる
健康的な体型になることができる
飲むだけと手軽に続けられる

 

飲むことで、身体に負担無く食事量が自然と増えるので、
体重も自然と増やすことができす。
それに飲むことでお腹の調子がよくなったり、体重が増えることで冷えも改善するなど、
身体の調子がよくなります。

 

デメリット

効果に個人差がある
体に合わない場合がある
アレルギーに注意が必要

 

効果を感じるまでに時間がかかったりするので
自分に合うかどうかしっかり見ながら使用していく必要があります。

 

お得な定期コース

ファティーボはAmazonや楽天など、インターネットの大手通販では
販売されていないので、公式サイトが最もおすすめ。

 

完全ふっくらコース(9ヶ月コース)
完全にふっくらとした体型を目指したい方におすすのこちらのコースは、
毎月1回、1ヶ月分を少なくとも9ヶ月の間、自動的にお届けするコースで半額になります。

 

9割の方が選択
1ヶ月 ¥3,500 (9ヶ月で¥31,500 お得)

 

徹底ふっくらコース(6ヶ月コース)
最低6ヶ月続けるコースで、1袋あたり4,900円になるので30%OFFです。

 

1ヶ月 ¥4,900 (6ヶ月で¥12,600 お得)

 

集中ふっくらコース(3ヶ月コース)
最低3ヶ月継続することを前提にしているコースで、1袋あたり6,300円で購入できます。

 

1ヶ月 ¥6,300 (3ヶ月で ¥2,100 お得)

 

単品は ¥7000プラス 送料¥500となります。

 

コースの特典

送料無料
振込み手数料無料
お届け周期変更可能
3ヶ月で健康的に5キロ太る7つの秘訣
その7つの秘訣を習慣化するサポートシート

 

30日間返金保障もあります。
初めての商品は不安があるもの。

 

効果をなかなか感じることができなかったり、自分には合わないという場合は、これを利用するのもいいかもしれません。
到着後30日以内に 本品&明細書送れば全額返金してくれます。

 

 

 

健康的に太る方法

3食きちんと食べる
朝食を抜いてはいけません。


今まで朝食を食べていなかった人は、まずは「食べやすくてエネルギーの大きい果物」などを食べるのがいいでしょう。

 

1日2食と1日3食では、総摂取カロリーが違ってきます。
朝食の1食が増えることで、栄養バランスもとりやすくなりますし、午前中のエネルギー不足が解消されます。

 

「欠食は太る」「朝食抜きは太る」などと言われていますが、これは欠食・朝食抜きがドカ食いにつながりやすく、
過剰にカロリーを摂取する原因になりやすいことが理由です。

 

朝食を食べたら太りにくくなるということはありません。太るためには、1日の総摂取カロリーを多くすることが大切なのです。
朝食を食べれば、昼食・夕食の量(カロリー)が変わらなくても総摂取カロリーは多くなります。

 

夕食の量を増やす
ダイエットする人は夕飯を抜く、の逆で太りたい人は夕食の量を増やします。
夜はエネルギーの吸収率がアップするのです。

 

食べすぎで胃もたれをしてしまうと、翌日の食欲がなくなってしまうからです。
太りたいならば胃に負担がかかる食事はお昼に食べましょう。

 

太りたいからといって、夜中にたくさん食べれば良いということではありません。
食べ過ぎるのではなく、少しずつ食べる量を増やしていくことが大切です。

 

栄養バランスのとれた食事

エネルギー・糖類は体重増加を促進させますが、過剰に摂取すると糖尿病や心疾患のリスクを高めます。

 

太ることばかりを意識した偏った食生活を送っていると、必要な栄養素が不足して体の機能に悪影響を及ぼすと
体重増加に悪影響を及ぼすこともあります。

 

健康的に太るということを目標に、栄養バランスのとれた食事がベスト。

 

「ご飯」の量を増やす

 

ご飯をおにぎりにして間食に食べていくといのも太るためには良い方法です。


美しく健康的に太っていくためにはビタミンやミネラルなどもバランスよく摂り入れていく
必要があります。

 

少しずつ食べる量を増やしていくことで、胃が大きくなり吸収できる栄養素の量も
増えていくので無理なく太っていくことができるようになるでしょう。

 

女性ホルモンを活発にする
女性の場合、上半身を太らせていこうとした時に女性ホルモンを活発にしていくことが大切です。

 

女性ホルモンを活発にして胸まで行き届かせるためには、卵巣を良い状態にして血行やリンパの流れを良くしていきましょう。
女性ホルモンはストレスや睡眠などの影響を受けやすいので毎日の生活習慣を改善して、
ストレスなどを溜め込まないように心がけていくことも大切です。

 

適度な運動やマッサージ、ゆっくりと入浴するなどをして全身の血行を良くしていくようにもしていきましょう。